初めての方へ

自社の成長を実現するシステム導入を目指す経営者様へ

ベルケンシステムズ株式会社
代表取締役 鈴木純二

当社ホームページをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

働き方改革、テレワーク化への急速な対応など、企業経営者はいまIT化に向き合う場面が激増しています。しかし、真に自社に適したシステムを選ぶことができる企業はほんの一握りなのが実情です。

その理由は様々ですが、総じて言えば、
「自社の必要とすること」
「IT化により実現したいこと」
を明確に定め、「ITベンダーに伝えきる」ことが難しいためです。

これらが不十分なままITベンダーに提案を求めても、提案されたものを品定めする選定眼もありませんし、高いのか安いのかの判断すらできません。最悪の場合は「こんなハズではなかった」という結末になることもありえます。また、失敗とは言えなくとも、「システム化はできた。でもその効果が良くわからない。」と経営者がぼやくケースも多々発生しています。

これをうまく避け、IT化を成功させて経営を成長軌道に載せるためには、「IT化の主導権を自社側で握る」ことが絶対条件なのです。

効果を目論むことができないIT化は成功しない
では、どうすれば「IT化の主導権を自社側で握る」ことができるのでしょうか?
当社では、

  • 自社内でのIT化プロジェクトを立ち上げ
  • IT化を含めた方針書や、ITベンダーに提案を求める際の「提案依頼書(RFP:Request for Proposal)」にまとめ上げる

というプロセスで実現することをお勧めしています。
「こんな遠回しな方法ではなく、経営者が持つ課題を解決できるIT化ができれば良いはずだ」とお考えの経営者も多いことは事実です。しかし、残念なことにそれでは大抵の場合うまく行きません。
導入するITの主たるユーザーは現場の担当者です。現場には現場の課題や負担があり、それらを解決できないシステム導入は、事態を更に悪化させる可能性すらあるからです。
経営層と現場のそれぞれの課題を漏らさず明らかにし、そのすりあわせを行い、「経営層が持つ課題解決や計画実現にも貢献しつつ、現場の課題もクリアできるシステムとは?」を明確化して文書で示すことで、社内にもITベンダーにも「求めているシステムの機能とその効果」を説明できるようになるのです。
これが実行できれば、課題解決効果なども客観的に定義することができるため、IT化の効果目標値も定めることができます。
このような客観的な目標や解決手段がわかりやすくITベンダーに説明できれば、ITベンダーは正確に状況を把握し、最適な製品や開発業務を提案できるようになります。また、提案されたものが自社にとって最適かどうか品定めすることもできます。

顧客接点の改革を中心とした戦略で企業成長に貢献するIT化を!
せっかく効果目標を定義した提案依頼書ができ、そのシステムが導入されたとしても、経営者の不満や疑問が続くことが多くあります。
それは、「社内業務の合理化を目標としてIT化したが、その合理化分が把握できない。残業が減るはずだったのに、全く減らない。」といった事象の発生です。
釈迦に説法ですが、企業の成長は「収益拡大と安定」で実現されます。そして更に当然ですが、それを支えているのは、商品やサービスをご購入頂いているお客様です。「社内作業の合理化」だけでは、お客様に対してポジティブで目に見える影響を与えることはありません。よほどの固定費削減にでも繋がらない限り、経営者目線で認められる効果は得られないのです。
当社では、お客様に直接的に良い効果をもたらすIT化目標を立てる「顧客接点改革を中心とするビジネスプロセスIT化戦略の立案」をお勧めしています。これらを着実に遂行することで、社内の合理化だけでなくお客様の利便性やお客様対応能力が劇的に向上し、お客様の成功「カスタマーサクセス」が実現し、会社の成長に直接貢献できるIT化が実現します。
例えば、販売管理システムを例に「顧客接点改革」を考えると、以下の通り実に色々な具体的IT化要求が出てきます。

Excelで計算しなくとも、画面で商品を選んですぐに見積書ができるようにする
見積を出した時点で、納期も即答できるようにする
ご注文を頂いたら、ボタン一つで見積を注文に振り替えできる
ご注文を登録したら、即座に確定納期がお客様にメール送信される
ご注文後、お客様に納期を訊かれたら、営業担当者でなくとも社員全員が回答できる
在庫問い合わせを頂いた際に、担当者ではなくともすぐに回答できる
製造工程の空き具合が営業にリアルタイムに情報共有され、お客様に状況をすぐに伝えられる
等々・・・

いかがでしょうか? 社内業務の合理化をシステム化で実現しつつ、お客様に対するサービスが著しく改善できる機能がたくさん定義されています。ここまでできれば、お客様から「御社は変わりましたね!」とお褒めの言葉を頂けるはずです。これが当社のお勧めする「顧客接点改革を中心としたIT化戦略」です。

少々長くなりましたが、当社のコンサルティングの根幹となる考え方は以上です。

「IT化で色々改革できそうだし、そうしたいが、どうすれば良いのか解らない」経営者様は、是非当社へお声がけください。
経営課題をクリアして、御社を成長軌道に乗せるために、経営者様と御社社員の皆様と一つになって支援させて頂きます。

無料メール講座登録

経営者様向けのIT化ヒントが詰まった無料メール講座や代表コラム「IT化経営羅針盤」、各種ご案内をお届けします。是非、ご登録ください。